相続放棄して楽になった

中学生時代でした

最初は痛かったなぁって今でも思います。私の場合歯科矯正を受けていたのが中学生時代でしたから、銀色の金具がついた
歯を見られることも精神的に痛かったなって思います。

 

詳しい情報は大和市 矯正歯科参考になりました。

 

成長期に受けてしまうと、その後また歯並びが崩れていくとも聞いていたのですが、中学2年生であれば、だいじょうぶ!と近所の歯医者さんに言われ、4本の抜歯の後、紹介状を持って電車で1時間かけて歯科矯正専門院に通いました。

 

詳細は大和市 矯正←ここです。

 

最初にギュッと締め付けるのですが、これが未体験の鈍痛で、3日間は食事がまともにとれませんでした。一週間もすると慣れてくるのですが、一ヶ月毎に締め付けはどんどん強くなっていきます。その度に鈍痛に悩まされる日々でした。

 

知りたい方はここ⇒大和市 大人矯正で。

 

半年強を過ぎたころから、歯並びは良くなっていき、仕上げとして、金具を外して透明なパイプのようなものを装着します。

 

必見のURLはこちら⇒大和市 小児矯正を参考に。

 

土台を上あごに密着させるために入れ歯の様なものをはめると考えてもらえばいいです。これは着脱が可能で、私は給食の度に着脱していました。その際に誰にも見られないように、遠くの水飲み場で処置していたことを思い出します。

 

詳しく知りたい人は鶴間 矯正歯科で相談できます。