相続放棄して楽になった

10 「聖夜」としてのクリスマスを、幼稚園で体験

私が通っていた福津の幼稚園はキリスト教の教会が運営していました。なので、日曜礼拝やバザーなどの行事が日常的にありました。私の両親はクリスチャンではありませんでしたが、特に母はけっこう熱心に教会で行われる日曜礼拝に通っていました。
イースターの卵も印象に残っていますが、なんといっても一番の思い出はクリスマスということになるでしょう。
福津市 子育て←ここでは子育てに関する悩みを相談できます。

 

私は2年保育でしたが、「年長さん」になると、園児や父兄の前で「キリスト生誕劇」を演じるのです。今、考えるとかなり本格的な劇でした。私は「東方の三賢人」の一人の役をやったことを覚えています。
日本では「クリスマスは恋人や家族が楽しく過ごす」というスタイルで広まり定着しています。けれど、もともとはクリスチャンがキリスト生誕を静かにお祝いする「聖なる夜」なはず。今でも欧米では崇高な行事として、クリスマスが捉えられているでしょう。
私は福津市の幼稚園に通った2年間、「聖夜」としてのクリスマスを体験しました。今でも、心のどこかに「聖夜は静夜」という意識が残っています。ふだんキリスト教とは無縁の生活をしていますが、クリスマスが近づくと幼稚園を福津で過ごした事を思い出し、ちょっとだけ敬虔な気持ちになるのです。
今人気の預かり保育を行ってる幼稚園があります。詳しくはここ→日蒔野 幼稚園